ブログパーツ

使ってナンボの継続レビュー

購入してから1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後の使い勝手をメモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | CM(-)

リベルタッチとRealforce比較(3ヶ月使用後)

■リベルタッチの勝利!
こっちの方が打ちやすいし、ミスも少ない。おまけに静か!あと白なのでデザインも良いかな。
もし店頭で見かけたらぜひ叩いてみて欲しい。きっと納得してもらえるはず。

富士通コンポーネント Libertouch White USBキーボード 日本語108キー 入力荷重調整可能 ホワイト FKB8540-051/W


Realforceも決して悪くないけどキーがフニャフニャしてて指をおいてるだけなのに「ああああああ」とかなってる場合がある。
また、このRealforceは静音モデルではないのでカタカタうるさい。だがそれがいい!
かななしなのでカッコイイけどね。

買ったやつ
Realforce108U-A (XE01L0/かな刻印なし/変荷重)

定番モデル(安め)
東プレ REALFORCE 108UBK /静電容量無接点/変荷重/108キー/USB SJ08B0

静音モデル(高い)
東プレ REALFORCE108UH-S 静音フルキーボード 静電容量無接点方式 押し下げ圧ALL45g USB ホワイト SA010S


ALL30gのモデルもあるけど、軽すぎて個人的にはダメだった(通常モデルはALL45gか、45g中心の変荷重)。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
過去の記事
人気記事
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。