ブログパーツ

使ってナンボの継続レビュー

購入してから1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後の使い勝手をメモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | CM(-)

VAIO pro13

ほとんど使わなくなったので知り合いに譲りました。

普段はデスクトップで作業してるので外出用だったけど、メールなどはスマホでやりとりできるし。あとはChromebookk(11インチ)があるので13インチのVAIOはちょっとかさばるってのも原因のひとつ。

メインPCとして使うなら13インチがベストだと思うけど、サブでちょっとした移動などに使うには13インチはちょっと大きいかも。でも不具合なく2年ちょい使えたので満足です。

今までありがとうVAIO!
スポンサーサイト

VAIO pro13を約2年使ってみて

2014/9/13購入

毎日起動してるけど問題ないです。
たまにタッチパッドの反応が悪くなるけど再起動すると治ります。
バッテリーはサイト閲覧などであれば6時間程度、youtubeなどを頻繁に見てるともっと短くなります。

メインPCとして使っても十分いけると思います。
サブとしてはサイズがちょっと大きいので個人的には11インチの方がいいかも。
また、MacBookやChromebookと比べるとタッチパッドの反応が悪いのでマウスは必須かと。

不満は特になく出来の良いPCですね。
ただWindows 10を使う気はしないので最後のVAIOかもしれませんが。

VAIO S11を触った結果【VAIO pro13比較】

興味があったので店頭でしばらく触ってみた。

■サイズ感
11インチなので持ち運びにはいい。しかし分厚い。レッツノートのSZ5と同じくらい厚い。両方の写真撮ってくればよかった。軽いんだけど厚いのでカバンにいれるときに圧迫感を感じると思う。

■HDMIが廃止になりアナログ端子になる
VAIO proシリーズはHDMIだけでアナログ端子を排除したけど、S11では復活。逆にHDMIが廃止。ビジネスの現場ではアナログ端子の方が使われてるってことかな。そのせいでVAIO proを持ってる人からすると「えー!」ってくらい厚みがある。USB Type-C/Thunderboltがあるのでデジタルで繋げたい人はそっちでもできるけど。

■液晶
視野角はVAIO pro13と同じだと思うので問題なし。解像度は11インチでフルHDなのでちょっと文字などが小さいかも。必要なら文字を大きくすれば大丈夫。

■キーボード
今回一番気になったのがこれ。pro13は十分なキーピッチだけどさすがに11インチだと狭い狭い。慣れれば大丈夫なのかもしれないけど、慣れるまで時間かかりそう。メインPCとしてずっと使ってるなら別だけど、サブでたまに使う人はちょっとキツイ。といってもpro11もS11と同じキーピッチなので11インチの宿命かも。

ただ、同じ11インチのchromebookや、12インチのレッツノートSZ5はpro13と同じくらいのキーピッチなので打ちやすい。

■バッテリー
公式サイトによると15時間近く持つらしい。



長時間の外出や打ち合わせでも、ACアダプターを持ち歩く手間や、外出先での電源の確保に悩むことがないように、約15時間*1のバッテリーライフを実現しました。
消費電力が大きくなるLTE接続時でも約8時間*2の連続駆動が可能です。たとえば東京から大阪までの日帰り出張などでもLTEを使い続けられます。
※1 JEITA測定法 2.0の場合
Windows10選択時: 約14.0-15.2時間(搭載条件による)
Windows7選択時: 約11.0-12.8時間(搭載条件による)
*2 Windows10選択時、LTE連続接続、WEB巡回60秒間隔、キー入力10秒間隔、輝度40%においてのバッテリー容量が100%から5%までの駆動時間を測定。
「引用:http://www.sony.jp/vaio-v/products/s111/」




気になるのは実際どのくらい持つのか、ですよね?

15時間の7割だとしたら約10時間。ぶっちゃけそんなに持たないと思う。ある程度youtubeなどの動画をみた場合、pro13が4~5時間なので、S11はよくて6時間前後という予想。メールやニュースなどテキスト閲覧しかしないのであれば、8時間くらい持つかもしれないけど。

※参考記事
使ってナンボの継続レビュー Chromebook C200MAとVAIO pro13の比較

■まとめ
感触が良ければpro13から乗り換えようと思ってたけど、下の3つがネックなので買わない方向で。特にキーピッチの狭さと分厚さがダメだった。

・キーピッチの狭さ
・分厚さ
・バッテリー持ち(予想)

価格的にはcore i5、SSD256GB、メモリ8GBで16万ちょいなのでそれだったらMacBook(12インチのやつ)の方がいいかな。次回の記事はそれで。

VAIO pro13を約1年半使った感想

2014/9/13購入なので1年と4ヶ月くらい。

サブPCとして毎日快適に稼働。パフォーマンスを静音設定にしてからファンがブーブーなることもなくなり静か。chromebookとの比較記事で書いたようにバッテリーは5時間くらい(youtubeは控えめで)。

温度も安定してる(冬の暖房室内)。
160127_vaiopro13.png

■GOOD
・13インチなのでキーピッチも十分
・液晶の視野角もOK
・薄くて軽い
・メモリ8GBとSSDなので動きもサクサク

■もうちょい
・バッテリー8時間いってほしい
・タッチパッドがいまいち
・省電力CPUなのでcore i7だけど微妙

特に不満はないけどVAIO S11が気になるこの頃。店頭でじっくり見てきたので明日記事に。

省電力CPUは嫌い(vaio pro13)

vaio pro13を半年ちょっと使った感想。サブPCとして活躍中。

スペックを振り返ると
Core i7-4500U(2コア)
メモリ8GB
SSD128GB

デスクトップのcore i7と比べてはいけません。別物です。youtubeのHD画質を再生するとファンがウーウー唸ります。結構うるさい。

ちょっと負荷をかけるとこうなので、動画編集は厳しいでございます。「動画編集するならcore i7を選びましょう」といってる記事もありますが、正直キツイです。省電力CPUならcore i5でもi7でもたぶん同じ。どのみちうるさい。処理能力(速度)はほとんど変わらない。

もうvaio proシリーズの生産は終わってるけどもし買うならこんな感じがおすすめ。

Core i5
2コアのi7(省電力)を選ぶメリットが感じられないので。

メモリ8GB
4GBでもいけるけど余裕をもって。

SSD256GB
128GBだと外付けHDDが必要になるので余裕をもって。

写真を交えたレビューはまた今度。
ブログ内検索
過去の記事
人気記事
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。